花蘭咲で生え際にコシが出てきて自信が

花蘭咲を使って髪にコシが出てふんわり

髪は顔ほどに気をつけなきゃ

花蘭咲が最安値 ボリュームが出た口コミ
樋口秋美さん (61才) 東京都

 

ボリュームが出るだけでこんなに違うんですから!

 

50代後半から抜け毛も目立つようになって、ボリュームを出そうとして一生懸命ブローすると、「なにこれ!」っていうくらいに抜けるんです。

 

 

 

グッズやシャンプーをいろいろ試したが変化がなくて・・・ 
そんななかで花蘭咲にであったのです。

 

使い始めてから2ヶ月くらいでブローのときの抜け毛の量がガクンと減ったのです。

 

それまでは何となく使っていたのが、本当に自分の髪が変わったかもしれないって気づいてからは、入念にマッサージしたりして((笑)

 

 

半年も経たないうちにボリュームが変わったんです。
それもストレートヘアーだから良く分かるの。

 

根元が立ち上がって、トップにボリュームが出たのかな。 自分でも分かるくらいふわっとしていて!
もう前みたいに必死にブローしなくっていいから、出かける前もとっても楽なんですよ。

 

私の変わりっぷりを見て、最近主人も「花蘭咲」を使っています。
子供たちに道でばったりあったりしても、もう「おばあちゃん」なんて呼ばせませんよ!

 

 

ウィッグで隠していたけれど、ここまでくれば自分の髪で大丈夫よ

平石哲子さん (82才)  福岡県

最初は弟に反対されたの。でも試してよかった!

若いころは多かったのに、歳をとると髪質まで変わるのね。頭皮もぽやぽや〜っと柔らかくなって。

 

それでだんだん抜け毛も増えて地肌が見えてくるでしょう。そうなるともう、風なんか吹いたら、たまらない感じなんですよ。

 

だから外に出かける時はウィッグが欠かせませんでした。とりあえず被っておけば安心だったのよね。

 

「花蘭咲」はテレビで知ったのだけれど、始めは弟に「どうせよくわからないよ」って反対されたの。今となっては、「ほ〜らご覧なさい」って感じよね(笑)。

 

 

コシがあるだけでこんなにふんわりするの

花蘭咲を使って一番感じたことは、髪のコシ。風が吹いたって手櫛でサッと整えるだけで自然に髪が立つんだもの。

 

ここまでくれば自分の髪で隠すことができるから、すっごい進歩よね。

 

⇒ もう少し花蘭咲を詳しく見てみる

 

 

 

自分の髪が恥ずかしくて。 時間と心に「余裕」がなくなるのが辛かったわ。

花蘭咲効果で髪にコシが出た 口コミ
後頭部を見てみたら、「あれっ? 髪がない・・・。地肌が見えている!」って。 それがもうショックで。

 

昔は、鉄兜を被ってるの? なんて言われるほど髪が硬くコシもあったのに、いつの間にかペッタンコのヨレヨレ髪になっていたみたい。

 

それからはお茶会の日になると毎回逆毛を立ててアンコうぃ詰めて、スプレーで固めて・・・。 本当に時間が掛かって大変だったのよ。

 

抜け毛がみるみる・・・! 束ねた髪にコシを感じたの。

育毛剤ってベタベタして匂いもきついイメージがあったけど、「花蘭咲」はサラッとして植物の自然な香りだし、化粧水みたいでしょう。

 

和蘭の成分っていうのも素敵よね。 だから「これなら毎日続けられる」って思ったわ。

 

今まで何もしてこなかった分を取り戻そうと、朝晩たっぷりスプレーしてマッサージもしました。 それで一週間経った頃、結果が目に見えてきたのよ。

 

 

透けていた生え際が、気が付いたら「埋まって」いたんです。

花蘭咲が最安値 生え際が埋まっていた口コミ皆越久子さん (69才) 熊本県

 

ある日ね車に乗せたお友達に言われたんですよ。
「あなた、後ろの方が透けてるわよ」って。あれはグサッと来ましたね・・・。

 

自分でも気付いていたんです。
もともと抜け毛がすごく多くてボリュームもなかったし、生え際と後頭部は特に「うわ・・・、薄いな〜」って気にしてたから。

 

でもお友達に言われたことが逆に「どうかしなきゃ」っていう力になって、色々試すようになったんです。

 

そんな中この「花蘭咲」に出会ったんですけど、これ自然な香りがすごく良いですよね。

 

それで気に入って毎日たっぷりつけてマッサージしていたら、気付けばホラ!見てくださいこの生え際。

 

産毛が見えているでしょう? 透けていた部分が産毛で埋まったんですよ!
抜け毛も怖くなくなって、前みたいに一生懸命セットしなくたって、今では手櫛で十分。

 

同年代の美容師さんにも最近は「髪の毛多くていいなあ」なんて言われるんですよ。
今では「透けてる」って言ったお友達より、ふっさりしているかもしれないわね(笑)

 

花蘭咲が最安値の公式サイトはこちら